赤提灯に恋しくなる
赤提灯に恋しくなる

バンコクへ駐在員として赴任された方、現地採用で就職された方、老後をバンコクで過ごされている方も含め、日本人だけでなくタイの方にもオススメの日本料理を紹介していきます。

バンコクで食べる日本料理の特徴

日本のレストランで食べる料理と比べても、味はそこまで変わりません。しかし、日本と比べてタイの物価は低いですが、日本料理の値段は、日本で食べる時と同等か下手したら日本で食べるより高くつくことが多々あります。

日本より高い料理

  • ラーメン
  • そば・うどん
  • 焼き肉
  • 創作和食料理

ラーメンは、日本で食べる時と比べて、お店によっては同等か高く付くことが多々あります。

日本では立ち食いを始めとしたうどん・そばも、日本と同程度か「手打ち」となると一気に高額となってきます。日本と同等の価格であること自体、タイ国内においては物価を鑑みれば、すでに割高です。

お店によりけりですが、日本にもお店がありバンコク支店があるようなお店は、だいたい日本と同等くらいの価格からとなり、メニューによっては高くなります。

日本人の職人が作るお店は少数

日本人の料理人
日本人の料理人

基本的に高級なお店を除いて、日本食レストランで調理する人の多くはタイ人です。日本人がいないお店すら多々ありますし、むしろ日系レストランと思わせておいて、日本人が一切絡んでいないお店も多々あります。

そのため、日本食レストランで日本の料理を求めたいたつもりが、タイ人向けにローカライズされた料理が出ることはしばしばあります。

それでも、カリフォルニアロールのようなものさえ注文しなければ、日本料理を求めていた日本人にとっては大きな失敗を経験することは少ないと思われます。

調味料はあるが食材は日本と大きく異なる

しょうゆなどの調味料は、バンコクでも容易に入手可能です。しかし、タイで製造された食材であれば、日本からの輸入品と比べてもたしかに安い値段で購入できますが、質・味ともに大きく異なります。

最たる例は、豆腐かなと思います。タイで作られた豆腐は、はっきりいって美味しくありません。パサついている感じがすごくします。そのため、豆腐を作った料理は、輸入品の豆腐出ない限り、かなり残念な味になります。麻婆豆腐などは最たる例です。

またカレーそばを頼んだら、麺がいわゆるそばではなく、中華麺だったこともあります。パスタに近いような麺だったりします。それはそれで食べごたえがあって、アリといえばアリでしたが。

それでも日本食が恋しい!

和食がやっぱり好き
和食がやっぱり好き

旅行程度の短期間であれば、日本食が恋しいとなることはまず無いでしょう。タイへ来るくらいですから、タイ料理を食べたいニーズの方が高いと思われます。

しかし私のように駐在員となり、長期間いるとなると、やはり和食が恋しくなります。赤提灯のなんとも言えない風情が懐かしく、そして恋しくなります。

そこで、このブログでは私が食べ歩いた日本食レストランの中から、おすすめのお店を紹介していきます。個人的な趣味趣向が反映されたいるため、気になったお店がありましたら、是非一度足を運んでご自身で直接試してみてください。