最終更新日:

炭火焼肉 銀座堂

バンコクにも日本式の焼き肉屋さんはたくさんあります。むしろたくさんあり過ぎて、群雄割拠状態となっており、弱肉強食の世界となっています。

新規オープンしては消えてを繰り返し、固定客を捕まえて生き残ったお店は、やはり高い信頼性を持つお店となります。

日本の、日本国内TOPクラスの高級感を意味する「銀座」の名を冠するお店が、バンコク市内にも存在します。東京都中央区にある銀座の名を借りただけの、バッタモンのお店ではなく、日本と同レベルの高級感・品質を誇るお店が、銀座堂です。

スクンビットソイ55とソイ26の2店舗あり、私が行ったことがあるのは、ソイ26のお店です。プロンポン店とも呼べるお店について紹介します。

質の高いお肉

質の高いお肉
質の高いお肉

銀座の名を冠するだけあって、「お店の肉質はどれも高く、美味しかった」とありきたりで陳腐な言葉でしか言い表せないのが残念ですが、まさにその通りでした。

この品質は日本国内でもなかなか出会えたことはありません。

美味しいお肉
美味しいお肉

カルビには上カルビや特上カルビもあります。希少部位となる「みすじ」もメニューにありました。

大好きな冷麺もメニューにあるのがGOODです!シメの一杯に食べたくなっちゃうんですよね。あとタイは暑いので、冷麺はピッタリです。岩手県で有名なチェーン店のヤマトさん、タイに出店しないですかね?

因みに、盛岡に冷麺を食べるだけに行くことが有るほど、冷麺は好物です。

牛の模型がある

お店の入口
お店の入口

お店の入り口で出迎えてくれるのは、牛です。

牛の模型
牛の模型

といっても模型ですが、写真で伝わるかは不明ですが、結構でかいです。

日本国内でこの様な模型を置いてあるのは観光地の牧場くらいでしょうか?私が行ったことが有る東京の焼き肉屋さんでは見かけたことがなかったので、衝撃的でした。

バンコクに3店舗

因みに、私が訪れたことがあるのは、スクンビットソイ26にあるプロンポン店のみですが、銀座堂の公式サイトによれば、スクンビットソイ55にある銀座堂 トンロー店と、グランドタワーにある銀座堂 グランド店もあります。

高級感あふれるお店と、期待通りの上質なお肉で大人気のお店です。

タイの政治家も利用?

私が行った時には、タイの著名な政治家がお店に居て食事をされていたそうです。私自身はお顔を存じ上げなかったのですが、一緒に食べに行ったタイの同僚が教えてくれました。

つまり、そのようなランクのお店であるという点と、日本式の焼き肉屋であっても、グレードが高いと政治家クラスの方でも利用があるということでした。

そのため、接待等でも安心して利用できるお店であると思います。

私が行ったお店の中に限りますが、個人的には、今の所バンコクの中でNo.1の日本式焼き肉店です。